今夜ディスコで

mstdn.jpの面々は、Discordで鯖立てしてはあれやこれや騒いだ。タイムラインが教室なら、Discordは部室のような感じで、普段「膣」「ちんこ」などの情報量皆無なトゥートしかしない奴らも、そこではうっかり身の上話を漏らしたりしていた。

伝え聞くところによると、けっこう早い段階から、jpの人が多く参加する大きなDiscord鯖があったらしい。そこでも様々な出来事が起こったそうだが、残念ながら私は出遅れ参加組なので詳しくは知らない。

 

確か、Discordに最初にアカウントを作ったのは、田中の影響だった。jpができてから数ヶ月たってからのことだと思う。

田中は自分のDiscord鯖を立てて、そこにタイムラインの人を招いた。私はどうしてもその輪に加わりたくて、生まれてはじめてDiscordにアカウントを作った。(いや、アカウントは持ってたような気もするな~忘れた!)

田中の鯖を皮切りに、様々な鯖でいろいろな話をした。私の筆力では到底書ききれないが、全てがワクワクするような体験だったと記憶している。アンオフィシャルな存在であるがゆえに、ともすれば記憶から消えてしまいがちなDiscord鯖だが、せっかくなので、プライバシーに関わらない範囲で記しておきたい。

 

・メイ層鯖

私の立てたDiscord鯖。一時期はけっこう盛り上がり、なんとあの膣ドカも遊びに来てくれた事がある(発話してもらうまでには至らなかったが)

Discordあるあるだが、見知らぬ参加者が3人より増えるとたいてい会話が成立しなくなる。よってGeneral以外にヤリ部屋という下品極まりない別室が用意されている。

麻雀にハマっていた頃は、そこで駄弁りながら卓に参加する、なんてこともあった。聞き専やってるアカウントと無理やり仲良くなろうとしたり、人と揉めたり、思いつく限りの遊びをした。

今では、数人が数ヶ月に一回程度「あさだ~~」とやり取りする程度しか使われていない。

 

・もち鯖

いま銀河丼にいるもちろっく君が建てた鯖。jpのメンツがよく顔を出していた。思い出が巨大すぎてここではとても語れない。

 

・なるラジ

jpのなるもの君がツイキャスを行う際に使った。雑談する機能もあって、今読み返すと懐かしい名前が並んでいた。なるもの君のツイキャスは最高に衝撃的だった。楽しい印象とともに覚えている人も多いんじゃないかな。

ツイキャスについてはまた日を改めて書きたい。

 

・穴鯖

jpのアカウント愛菜緒君の鯖。こちらも色んな人が参加している。数度参加させてもらった(と記憶している)。最近は過疎ぎみとのことだが、ちょこちょことチャット欄に書き込みがある。もち鯖ではたまにしか見ない人ともここでお話させてもらい刺激を受けた。

肛門・排便にまつわる話題は好きな方だと自認しているが、愛菜緒君を前にするとあまりにも浅く軽いので自分を恥じる気持ちになる。

 

・ドライソ鯖

こちらも数度参加させてもらった。みんなご存知のちくわ、ドライソさんの鯖である。雑談メインで、今見たらこの鯖も生きている様子だ。

 

・sushicord

jpにいたキムラの建てた鯖。板前と会話することができる。

鯖主のキムラはおしゃれなイラストを描くクリエイターで、私の人生で接触したことのないタイプの人種である。そういう人と会話できるのもDiscordの魅力だ。

 

・Alserver.beer

通称「ある鯖」。この中にあって参加する年齢層が低く、学生や卒業したてくらいの人が多い印象。かず姉くんが主催している。一時期広く参加者を募っていた記憶がある(あまり覚えていない)

男子大学生の生態を知るため勇気を出して突入したところ、けっこう親切にしてもらえて大変ありがたかった。余談だが、マストドンにいる若者には心がフラットで偏見もない人が多い印象がある。全員めちゃくちゃ幸せになってほしい。

 

・Tanising_Point

田螺による田螺のための鯖。彼の言うところの「ニュアンス」に満ちている。感性に触れる様々な瞬間が詰め込まれており、ハートが摩耗しきった私にはとても書き込めない。

彼を知ったのは、男子大学生と関わりたいと連呼している頃だった。とかぷかるみに「まさに男子大学生そのものの人物がいる」と教えてもらい知り合った。会話したことはほぼないのだが、ネット上で見れる作品からもその内面が伝わってくる。

彼や彼の友人のクリエイターさんたちが会話しているときに数回混ぜてもらったことがあった。残念ながら共通の話題に恵まれないため深く関われなかったが、話している内容がかっこよくて知的で、強烈な印象が残っている。

 

・なすーんのサテライト・キャノン

我らがなすーんの鯖。ここで会話したことはない(はず)。詳細は知らないのだが、我らがなすーんの主催であるからにして、きっとハチャメチャな会話が繰り広げられているのだろう。割と若い鯖で今も活発にやり取りされているっぽい。

 

・mstdn.jp

jpのアイコンガールねこみくの鯖。

ちょっとタイムライン見てみたら昨日の会話ログが残っていた。バリバリ現役の様子だ。よくタイムラインで見かける人がチャットしており、覗くとjpのバックステージ感があって楽しい。ねこみくのハッピーでキュートな人柄を感じさせる鯖である。

 

 

 他にもいくつかの鯖があるが、ここで書いても良いか分からないものは端折った。

 

タイムラインでは嫌われ者の人や、あるいはマストドンに飽きて垢消しした人が、Discordでは常連として楽しく過ごしていたりする。人を孤独にしづらい仕組みがあるのも私がマストドンの好きなところである。(それ故に揉め事が起こることもあるのだろうが)

 

文字でやり取りをするうちに、自然と「この人をもっと知りたい」という気持ちが湧いてくる。だから今も知らないところでたくさんの鯖が建てられて消えていってるのだと思う。「また俺の知らないDiscordの話ししてる...」という気持ちになることもあるが、願わくはたくさんの出会いが生じるjpであり続けてほしい。

その後はよしなに。

田中と出会ったのは深夜だったと思う。

当時私は、始まったばかりのmstdn.jpにドハマリして、寝る間を惜しんで「膣!」と連投していた。そんなあるとき、知らない人物から無言のリプライが届いた。

 

リプライの送り主のホームには、ろくな情報がなかった。「田中」というアカウント名と、わざと無個性に書かれたような男性のアイコン。そしてbioには「アイコンくらいの年齢」だけ。しかもjpでもpawooでもないマイナーインスタンスだった。

即座に「なに?」と返事をしても、返ってくるのは無言リプライのみで、数回「だれですか」「」「なんですか」「」を繰り返すうちに、さすがの私も怖くなった。

 

私の様子がおかしいのに温泉とイツカミキが気づいて、「メイ層どうした」と集まってきた。相手の人はしばらく無言リプライを続けたが、3人でギャーギャーやってるうちに、彼からの返事が届くようになった。

 

彼はとあるアカウントとやり取りをしているようだった。何らかの理由で私にもリプを送ってしまったのだろう。

私達は口々に「あなたは誰ですか」と尋ねた。しかし彼は「田中は、田中です」というなんの意味もないメッセージを壊れたロボットのように繰り返した。我々はますます彼に恐怖を抱くようになった。

 

私は裏で、イツカミキにDMを送った。(田中に敵意を察知させないため)

「なにこいつ、やばい奴じゃね??」

「狂気を感じる....」

「アイスピックで刺してきたあと、へぇ、温かいんですねっていいそう」

 

よくよく話すと、彼は無表情でアイスピックを振り回すようなタイプではない、一般の青年ということがわかった。

そして、田中は普通にディスコードで話したり、マストドンでやりとりできる存在になっていった。

 

田中がタイムラインにいる間いろいろなことが起こった。

急に田中がログインできなくなって、別のアカウントで現れたり、さらにはそれが偽りだと私が主張するも全然偽りじゃなくて、あまりのショックのため垢消しを図ったり、たくさん思い出がある。「田中です」「よしなに」「アイスピック」がちょっとしたミームみたいになったりもした。

 

田中が現れなくなってだいぶ月日がたってしまった。ちなみに、温泉に至ってはけっこう早い段階でブロックされ、今では行方もわからない。

年収、ランチ、自炊

のっけから気の滅入る話だが、年収が少ない。

年収が少ないのにはいろんな理由があって、自分の責任や選択の結果なんだけども、その事実は時々心を暗くさせる。

 

最近勤務地が少しだけ都会になって、日々のランチ代に頭を悩ませている。弊県で一番のオフィス街、周りには、人生と縁のない大企業が立ち並び、最も近い惣菜屋では都会から来たきれいな女が、標準語で喋っている。その中に、ヨロヨロとみっともない服を着て、600円を超えないように、と念じながら惣菜を選ぶ。飲み物を買うとプラス120円、かんたんに予算オーバーだから、買わない。イートスペースに申し訳程度に置かれた水を飲む。

 

転職する前だって800円のランチを平気で食べるような生活ではなかったけれど、やれるのにやらないのと、できないからやらないのはちょっとだけ意味が異なっていて、白々しい蛍光灯に照らされながら食べるタイカレー(秋野菜盛り)は味気ない。その上、量が少ない。オシャレな都会の人たちは、多分モリモリとご飯を食べないんだろう。オーガニックなんだろう。

 

というわけで、自炊の機運が高まっている。人は可能な範囲で上手い飯を食わねばならない。それから適度に運動して、風呂に入って、寝る。それくらいしか自分自身にできることってない。どうせ、死ねば全てなくなるんだ。今日は何を食ってやろう。

雪を見たい

雪と縁遠い人生を生きている。特にここ数年は

温暖な街に住んでおり、今年は暖房なしで事足りている。夫に至ってはさっきからずっと半袖で居眠りしている。そろそろ12月も終わると言うのに。

そんなわけで雪が恋しい。北海道のニュースを見ては、ああ北海道に行きたいと思う。交通事故について熱心に話すリポーターの背景で、深々と積もる雪に触れたい。

最後に雪に触れたのは2014年2月14日だった。その日は記録的な大雪の日で、聞いた話によると過去最大の降雪量を記録した地区も多かったらしい。当時住んでいた山奥の鄙びた村でも、十数年ぶりの大雪ということで、街中が静まり返っていた。車が通らないので皆出勤できず、ありとあらゆる店が開店できなかったのだ。

一方私はというと、普段なら晴れていても出社を渋るのに、このときばかりは喜び勇んで徒歩出社した。確か「臨時休業により休んでも良い」と連絡はもらっていたような気もする。当時付き合っていた夫に買ってもらったばかりの登山靴を履いて(GORE-TEXが仕込まれていた!)、世界が終わった後みたいに人のいない街を歩くのは大変楽しかった。

すでに8時をまわっており、普段だったらお年寄りが散歩し終わったはずの坂道にも足跡がほとんどついていなかった。平均で20センチは積もっていただろうか?歩くたびについていく自分の足跡を、振り返り振り返りしてはニヤニヤ笑いながら歩いた。

その日はまるで仕事にならず、一日中雪の片付けをしていた。いつもは気難しい先輩も、頬を赤くしてときには「ワハハ」と笑いながら駐車場に積もった雪を片付けていた。当時の事業所には嫌な思い出が多く、異動後も度々悲しい気持ちとともに記憶がよみがえる。その中にあって、数少ない楽しい思い出である。

さて、記録によると、その日私と夫は入籍届を出している。提出した記憶はあるにはあるのだが、ちゃんと出勤したはずなのに、なんで提出できたんだかよく覚えていない。午後休とったんだっけ。どうも記憶の辻褄が合わない。

もしかしたら、我々の婚姻自体夢なのかもしれない。こちらは雪のように消えてしまわなければいいのだが。

近況

ここのところずっとYouTubeを見ている。頭では「外に出て様々なことをしなければ」と思うのだが、どうにもそれができない。日が出ているときに外に出るのが怖い。多分自分を恥じているのだと思う。

就活は一応やっていて、ちょこちょこと面接に行っている。食事もキチンと作っていて、最近はメニューに凝り始めたりしている。

でもこれでいいのかなぁという不安がいつも頭にチラついている。頭の中と現実が不一致なのがよろしくないんだろうと思う。なんとかしなきゃいけない。焦るばかりで現実はずっと布団に潜り込んでいる。

YouTubeでは、もっぱらお笑いのラジオを聞いている。芸人さんたちが、遅刻したり借金を踏み倒したり、人の悪口を言ったりしながら、日々のしょうもないことを軽妙に話しているのが心にやさしい。最近立ち読みした本に「YouTubeは精神の安定に良い」って書いてたなぁと思いだしたりする。自分と全く関係のない世界で愉快な人たちがアレヤコレヤと生活してるのを想像するのは気楽だ。

芸人さんたちの生活には、人気の浮き沈みがあって、嫉妬に苦しんだり、慢心して干されたりがある。人はいい時ばかりじゃないんだなって思う。私にも人生があって、浮き沈みが続いていくのだと思う。気が遠くなるけど、やってかないといけない。

明日は外出できたらいいな。ささやかな願いを胸に眠る深夜2時半である。